自動車税の還付

| 未分類 |

自動車税は、毎年4月1日現在において自動車の所有者または使用者として登録されている人に対して、都道府県が課税している税金です。この税金は、たとえ実際には使用していなくとも、自動車を登録している限りは、年度ごとに課税されることになっており、支払う義務があります。通常、年度当初に納税通知書が自宅に郵送されますので、期限を守って納付するというのが原則です。
しかし、廃車にするなどして自動車の登録を抹消した場合については、すでに年度が始まるときに税金を支払っていますので、廃車以降の期間分の税金を余計に納めすぎていることになってしまいます。このようなときには、都道府県の税務事務所から、払い過ぎた税金を返還してもらえるという制度があり、これを税金の還付と呼んでいます。通常、この還付の手続きは、廃車による抹消登録をしたときにあわせて行われます。
ただし、この場合の税金の計算は、廃車にした日を基準としてただちに日割りで計算されるというものではなく、月割りで計算するというのが原則となります。例えば、5月10日に廃車にしたとしても、還付されるのは翌月の6月分から来年3月分までの過払い分の税金ということになります。