「車庫証明書」というのは、自動車の保管場所が確保されていることを証明する書面のことで、管轄する警察署で発行してもらえます。
この手続きは、原則として新車を登録した場合、中古車の購入などで所有者の名義を変更した場合、転居などで住所を変更した場合について、その自動車の所有者が行うことになります。
証明書を申請するための様式は、最寄りの警察署に複写式のものが備え付けられていますが、警察のウェブページからインターネットを通じてダウンロードすることも可能です。ただし、この場合は複写式ではないため、原本のほかに必要な枚数分の写しを作成することとなります。
この証明書の交付を受けるにあたっては、自動車の使用の本拠の位置から2キロメートル以内に保管場所があること、道路から支障なく出入りできて自動車の全体が収容できる保管場所であること、保管場所を使用する正当な権利を持っていること、といった条件を満たしていることが必要です。保管場所として駐車場を他人から借りる場合には、「保管場所使用承諾証明書」などを地権者から発行してもらい、申請書に添えることが求められます。
証明書の申請は、管轄警察署の窓口に所定の手数料を支払い、申請書などの必要書類を提出して行います。警察署で処理が終わると、証明書とともに自動車に貼り付けるステッカーが交付されます。