事故や水没、過走行などを理由に「値段がつかないだろう」と廃車にするのはもったいないです!リサイクル料金+解体費用+抹消登録費用を払わなくてはいけないくらいなら、まずは買取査定を受けてみることをおすすめします。もしかして捨てるはずのものに、値段がつくかもしれません。買取ってもらうためのポイントは、いくつかの業者で査定比較をしてみることです。買取り出来ないところもあるかもしれませんが、値段をつけてもらえるところがあれば有難いですよね。実は壊れてしまったり動かない場合にも買い取ってもらえる理由は、パーツに高価な素材が使われているとか鉄の価値があがった為に、鉄を高く買い取ってもらえることがあるからです。そうして買い取られた後は、海外に輸出される場合も多いようです。日本製のものは壊れにくく、電飾系のトラブルも少ないとの評判で、海外ではとても人気だと言われています。さらに海外では、10年以上買い換えることなく乗り続けることは珍しくなく、15年~20年ほどは乗り換えないそうです。日本人も物を大切にする姿勢を見習わなくてはいけないと考えさせられます。まずは捨てるのではなく、買取ってもらえてリサイクル出来る方法がないのか手段を考えることも必要です