}PgžxQローンの残っている車を廃車する場合には、その車の名義に注意が必要です。
まず、銀行から借り入れを行っている場合やカーディーラーの提携している金融機関から借り入れを行い、かつ、名義が本人や家族になっている場合、車の所有権を持っているため、自由に廃車することができます。
一方、カーディーラーの提携している金融機関に名義がある場合、車の所有権がないため廃車を行うには所有者の許諾を得る必要があります。許諾を得るための条件として、その借り入れの残金の返済を行う必要があります。これを行う場合、原則としては現金による一括返済となりますが、どうしてもこれが難しい場合、新規に借り入れを行うという方法もあります。これを行った後に金融機関から完済証明書が送付され、これを受け取ることで承諾完了となりますが、すぐには送付されてこないこともあるため、手続きが終わった後は要求するようにします。
このような方法で廃車を行えますが、単に廃車をしてしまった場合、廃車費用と借り入れ残高の2つの費用が必要です。そのため、できるだけ買取業者を利用し、買い取ってもらうことで現金の持ち出しを減らすことができます。このとき、売却額がこれらの費用を上回っていれば差額を手にすることもできます。また、廃車の理由が事故によるものであっても買い取る業者がいるため、一度査定に出すと良いです。