普通車の廃車手続き

| 未分類 |

普通車の廃車手続きは主に3種類あります。自発的な方法が2種類と運輸支局からの打診によるものとが1種類あります。
まず自発的な方法ですが、一時抹消登録と永久抹消登録とがあります。一時抹消登録はナンバープレートの前後2枚を運輸支局に返納し、それを持って所有者の印鑑登録証明者車検証などを運輸支局に提出する流れで行われます。この一時抹消登録後に再度ナンバープレートの交付を受けて再度その自動車に乗ることもできます。
これに対して永久抹消登録は、その自動車が解体つまりスクラップなどになっている場合に行われます。その手続きは一時抹消登録に加えて解体業者による解体証明書などを添付して行われます。すでに存在していないことになりますので、この自動車が再度使用されることはあり得ません。
運輸支局からの打診による抹消登録とは、車検が切れてから一定年数が経過した時一般的には車検が切れてから3年以上経過したときに、所有者に対して車検が切れて久しいのでその自動車について運輸支局の職権で抹消しますという通知が行きます。もしここでローンが残っているのでしないで欲しい等の異議申し立てが行われなければ、そのまま運輸支局の職権で抹消されます。